Filipino Food
pinoy food logo.jpg
 フィリピン料理 

pinoy-kilinaw.jpg

Kinilaw

生魚(またはその他の魚介類)を食べやすい大きさに切り、玉ねぎ、きゅうり、しょう、にんにく、唐辛子がなどと一緒に酢でしめてカラマンシ(レモン)と塩で味を調えます。さっぱりしていて、暑い夜のビールのおつまみにぴったり。"Kinilaw"はタガログ語で酢で料理するという意味。加熱はしないのですが、酢に魚をたっぷり浸けるので、まるで熱を通したような仕上がりになるのです。ココナツミルクをいれてマイルド風に仕上げても美味しいです。

adobo-baboy.jpg

Adobo

アドボはフィリピンの代表的な家庭料理です。酢、醤油、砂糖(好みにより)、ローリエ、沢山のにんにくと黒胡椒でお肉、魚介類、野菜などを炒め煮にしたものを総称でアドボと呼びます。最もポピュラーなのは鶏と豚のアドボです。酢が効いたこってりソースと一緒に食べるとごはんがかなりすすみます。好みによっては更にグリルして水分を飛ばします。

pinakbetnew.jpg

Pinakbet

もともとはルソン島北部イロコス地方の料理ですが、今ではフィリピンの大衆料理として知られています。アンパラヤ(ゴーヤ)、ナス、カボチャ、オクラ、人参、カンコン(朝顔菜・空心菜)、インゲンなどのお野菜や豚肉をバゴオン(あみや小エビなどを塩づけにして 発酵させた後、ペーストにしたもの)、パティス(魚醤)、胡椒で炒めます。このバゴオンはタイではカピ、インドネシアではトラシ、マレーシアではブラチャンと呼ばれており、東南アジアの料理には欠かせない調味料です。強烈な臭いがありますが、加熱することによって香ばしい香りを出し、食欲をそそります。

karekare-new.jpg

Kare-Kare

オックステール(牛の尾)やモツを色々な野菜とピーナッツソースで煮込んだものです。ちなみにカレカレという言葉はカレーとは関係ありません。バゴオン(小エビの塩漬け)と一緒に食べます。最初はピーナッツが濃厚さとバゴオンの臭さに抵抗を感じられる人も多いようですが、何回か食べると美味しく感じられるはず!?コレステロールが高いので食べすぎには注意しましょう。

バラエティ豊かなフィリピン料理を紹介していきます。少しずつ増やしていく予定です。

tocino-new.jpg

Tocino

"Tocino"はスペイン語でベーコンまたは燻製・塩漬けにした肉のことです。フィリピンでは甘い味付けされたポークのことで赤い色をしています。好みでお酢につけて朝食や軽食として食べられます。とても美味しく、ほとんどの日本人が抵抗なく食べれます(最初は色が気になるかもしれませんが)。

Sinigang-Hipon.jpg

Sinigang

タイのトムヤムクンがが辛すぎて苦手という人はシニガンだったらいけるかもしれません(ちなみにタイにもゲーンソムというタマリンドを使った酸っぱいスープがあります。)。フィリピンを代表するスープです。トマト、玉ねぎ、大根、しし唐、カンコン、さといもなどに海老、はまぐり、魚、鶏肉、豚肉、牛肉など、好みの食材を使って、タマリンド(酸っぱい豆)の酸味をつけて作ります。栄養たっぷりのヘルシーなスープです

pancit-new.jpg

Pancit Canton

中華系の料理でフィリピン風焼きそばという感じです。パーティには必ず出されるカジュアルなディッシュです。野菜や豚肉(豪華版では中華ソーセージが入ります。写真は豪華版)と一緒に炒め、食べるときにカラマンシー(フィリピンのすだち)を絞ります。

kaldereta-new.jpg

Kaldereta

トマト、パプリカ、にんじん、じゃがいも等の野菜と鶏肉、豚肉、牛肉、ラム等の肉を使ってシチューにしたスペイン発祥の料理。ラテンアメリカにも同じような料理があります。写真は牛のカルデレータ。フィリピン料理の中では少し辛め。好みでココナッツクリームを入れるとまろやかな味になります。


Maligayang Pagkain !
楽しく召し上がれ