singing.gif
LIGAWAN フィリピン人のくどき方

フィリピン人のくどき方についてのフィリピン人による考察。タガログ語を交えてフィリピン人のメンタリティを語ります。

Panliligawはタガログ語で「求愛」のことです。語根はligaw で動詞形はLigawan(くどく)です。また、pandidigaも同じような意味があります。語根はdigaで、スペイン語のdiga(言う,原型はdecir)から来ており、「言い寄る、くどく」という意味です。Manliligawはくどく者、nililigawanはくどかれる者を言います。求愛においてはこの追う者と追われる者、この2者が存在します。

フィリピン人のくどき方は、西洋社会と比べるとまわりくどく、感情をあまりあらわにしない傾向にあります。女性をくどこうとする男性は、「プレスコ」presko (くどい、しつこい)や「マヤバン」mayabang(ずうずうしい、無遠慮)などと思われないように、最初からガンガン突き進んではなりません。最初はグループデートをしたり、別の友人をデートの場に同席させることはよくあります。次第に二人っきりでデートをするようにもなりますが、それでもまだ慎重にならなければなりません。2人が恋人として交際していることをまわりに公表することを決めれば、お互いの家族や友人に発表します。

フィリピンでは男性が女性に「真面目な人」と思われるためには、彼女の家族にきちんと挨拶にいって、自己紹介をしなければなりません。彼女の両親に知らせずに関係を公式化することは不適切と見なされます。両親に顔を見せることは非常に需要なのです。フィリピンでは「フィリピーナをくどくということは、彼女の家族をくどくこと」と言われているのです。彼女のハートをゲットしたら、今度は家族のハートを射止めなければなりません。

彼女の家族に認められたいのならば、男性は彼女の家を訪問するたびに「パサルボン」pasalubong (贈り物やお土産)を持っていかなければなりません。プレゼントを贈る行為はフィリピン人に取ってとても大切なことです。

フィリピーナをくどくことは野球に例えられます。彼女が最初のデートの誘いに応じてくれたら、男性は「一塁」に進みます。デートを何回か重ねることによって「二塁」や「三塁」に進みます。「ホームラン」とは彼女が男性の愛を<正式に>受け入れる時のことです。その時点で2人はmagkasintahan(相思相愛の恋人同士) となるのです。

これはスペイン文化の影響ですが、その昔フィリピンの田舎ではフィリピン男性は想いを寄せる彼女のためにharana(セレナーデ)を歌う習慣がありました。通常は仲の良い友達が付き添う形で(夜中に変な気を起こしたりしないように)、夕べに好きな女性や恋人の家の前や窓下で愛の歌を歌い、彼女に聴かせるのです。

一般的にフィリピンの女性は「パキポッ」pakipot(難攻不落)でなければならないとされています。Pakipot を演じる女性は、男性に「並大抵の努力では私をくどき落とすことはできない」ことを思い知らせます。これはフィリピーナが自分をくどいている男性の<誠実さ>を図るためのテストでもあるのです。彼女の愛を勝ち取るのに数年間くどかなければならない場合もあります。本当に彼女のことが好きならば、このテストを突破して、貴方の愛を証明しましょう。できるはずです・・・彼女のことを愛しているならば。

伝統的な未婚フィリピーナは、「マヒンヒン」mahinhin(謙虚・内気・躾が良い・行儀が良い)で、すぐに男性に恋心を表さないものとされています。複数の男性とデートに出かけることはご法度です。Mahinhin の反対は「マランディ」malandi (尻軽)で、フィリピン文化ではいただけないことです。もちろん今では女性も恋愛に積極的になってもおかしくない時代ですが、この価値観はまだ根強く残っています。

長い求愛期間を経て2人がついに結婚を決意した場合、フィリピンの伝統では「パママンヒカン」pamamanhikan が行なわれます。男性と男性側の家族が女性側の家族を訪問し、結婚の許可を求めるのです。もちろんですが男性側の家族は相手方にpasalubong(お土産)を持っていかなければなりません。Pamamanhikanは女性側の両親が相手側の両親を知る機会でもあります。そして結婚式の日程が正式に決められます。これをもって2人は婚約した状態になります。